切らずにプチ整形|複数のパターンのレーザーでニキビ跡は完全に除去できる

複数のパターンのレーザーでニキビ跡は完全に除去できる

女性

切らずにプチ整形

ドクター

アンチエイジング法

女性にとってしわやたるみは大きな悩みとなり、若いうちからエステなどに通いアンチエイジングを行っているものですが、完全に防げるというものではありません。年齢を重ねるごとに肌つやが衰え、何らかの原因によって皮膚を抑えることができずしわやたるみが増していきます。しわはほうれい線などの場所に線上に深く刻まれ、たるみは頬肉などが維持できずに重力に従って下がってしまいます。こうした状態を治すには、余った皮膚を引き上げるフェイスリフトと呼ばれるものや、レーザーなどによる引き締め効果、窪んだ部分に脂肪または近い物質を注入して膨らませるといった方法がありますが、大抵は皮膚にメスを入れるなどキズを付けやすい方法となるので、しわとたるみの治療には二の足を踏む人が少なくないようです。

気軽にできる整形

しわやたるみの治療で最もキズが少なく見た目にもバランスが良いのは、やはりヒアルロン酸などを注入する方法でしょう。切開による治療は確実性がありますが、皮膚を傷つけて跡が残る可能性が高いのであまり推奨できるようなものではありません。他にも糸やフェイスリフトによる方法では、極力目立たないように手術をしてもらえますが、完全とはいかずこめかみなどに何らかの跡が残ることもあります。対するヒアルロン酸の注射は注射針で注入するだけで良く、傷跡も残ることがありません。窪んだ部位に対して底から膨らませるので、しわが目立たなくなるうえ、料金が安く安全性も高いので施術を受けやすいものと言えます。ただし、フェイスラインを膨らませるので、たるみに対しては改善されない場合も稀にあるので注意が必要です。